合格おめでとうございます。文学部新3年の井上です。私からは文学部について話します。
名古屋大学の文学部の特徴のひとつとして、二年次から専攻がわかれます。 その専攻には、日本史や地理学のように高校でもなじみのあるものから、インド文化学や西洋古典学のように耳新しいものなど、様々なものがあります。 皆さんは二年生に進級する前に、数ある専攻の中からひとつ自分が所属する専攻を選択しなければいけません。
そのための貴重な情報源として、一年前期に行われる必修科目の「人文学講義」があります。 この講義では、それぞれの研究室が対象としている学問の特色や、どのようなことを研究しているかを具体的に知ることができます。 毎週の講義ごとに先生が変わるオムニバス形式で行われるので、毎回新鮮な気持ちで講義に臨めます。
入学当初に興味があった専攻ではなく、人文学講義を受けて興味がわいた専攻を選ぶ生徒は多くいます。 私もそのひとりです。これから先の大学生活に関わる大きな選択なので、しっかり悩み、自分で決めることが大切ですよ。

文学部棟
▲文学部棟

文学部棟
▲文学部館名板

名大生のしおり一覧に戻る

TOPに戻る
Copyright (C) 2018 Nagoya University Co-op Student Committee.